2015年06月12日

日本マンガ学会第15回大会のシンポジウムに登壇

「はだしのゲン」の多面性2015年6月28日(日)、広島市アステールプラザで開催される日本マンガ学会第15回大会のシンポジウム「「はだしのゲン」の多面性〜第1部:戦後・ヒロシマ・マンガ」に近藤ようこ先生が登壇されます。このシンポジウムは中沢啓治の「はだしのゲン」を取り上げ、戦争についての作品を手がけたマンガ家をゲストに迎え、戦争をマンガで描くことの意義や困難について検証することで、マンガとしての「ゲン」を多面的に評価することを目的に開かれます。
また、前日の6月27日(土)には同じ場所でこうの史代さんと対談されます。

日時:2015年6月28日(日)10:30〜12:30
場所:JMSアステールプラザ 2F多目的スタジオ
出演者:近藤ようこ(マンガ家)/夏目房之介(マンガコラムニスト、学習院大学大学院教授)/呉智英(評論家、京都精華大学客員教授)

日本マンガ学会第15回大会(日本マンガ学会)
2015.06.12. 16:53 | イベント