2016年10月31日

『ユリイカ』11月号(特集=こうの史代)にエッセイを寄稿

ユリイカ 2016年11月号2016年10月27日発売の『ユリイカ』11月号(特集=こうの史代)にエッセイを寄せられています。題して「失われた右手が描く世界」。近藤先生とこうの史代先生との出会いは実はずっと以前でした。
「戦争と一人の女」で戦争下の生活をたんねんに調べて描いた近藤先生から見ても、こうの史代さんの「この世界の片隅に」は詳細で素晴らしいものだったようです。
近藤先生の「戦争は天災でも海から上陸してくる怪獣でもありません。戦争は自分たちが自分たちの世界に織り込んでいくものです。」という言葉、侵み入ります。

『ユリイカ』2016年11月号(特集=こうの史代)

「この世界の片隅に」のんや片渕須直のインタビュー掲載、ユリイカでこうの史代特集(コミックナタリー)
2016.10.31. 23:09 | 雑誌掲載情報

近藤ようこ先生と千野帽子さんの対談が行われました

2016年10月29日(土)に文化祭メディア芸術祭新潟展のイベントとして、新潟市内にある安吾風の館で「マンガと文学−ふたつの想像力」という近藤ようこ先生と文筆家・千野帽子さんとの対談が行われました。残念ながら私は行けなかったのですが、公式サイトにそのときの様子が少しあがっています。畳ですね。

イベント開催報告(文化祭メディア芸術祭新潟展公式サイト)

文化庁メディア芸術祭新潟展のイベントに近藤ようこ先生が登壇
2016.10.31. 01:35 | イベント