2016年03月13日

日本マンガ塾で近藤ようこ先生のトークイベントが開催

飯田うさ爺のトークライブ 第7回 近藤ようこ先生2016年5月14日、近藤ようこ先生のトークイベントが開催されます。場所は神保町にある日本マンガ塾というマンガの専門学校です。「飯田うさ爺のトークライブ」は、この学校の講師を務められる漫画家・漫画評論家の飯田耕一郎先生が主催しているトーク・イベントのシリーズ。近藤先生は第7回目のゲストになります。

『コミックビーム』2016年4月号で遂に完結した「死者の書」をはじめ、マンガと文学の”はざま”をその魅力的な画風で話題作を生み出している近藤ようこ先生の作品について、飯田先生が近藤先生からお話しを聞き出して下さるそうです。


日時:2016年5月14日(土)14:00〜15:30
場所:日本マンガ塾(東京都千代田区神田神保町2-40-5東久ビル3F
入場料:無料
申し込みフォーム:飯田うさ爺のトークライブ 第7回 近藤ようこ先生
2016.03.13. 15:39 | イベント

2016年03月06日

『アックス』109号に近藤ようこ先生と池上遼一先生の対談が掲載

アックス 109青林工藝舎の隔月刊誌『アックス』109号が「水木しげる特集」で、巻頭の対談が「池上遼一×近藤ようこ」という魅力的な企画でした。近藤ようこ先生が高橋留美子先生と同じ高校ですが、お二人出会ったきっかけが「池上遼一」というキーワードをどちらかが聞きつけたことだったというお話しは以前から聞いていたので、これは、という組み合わせでした。そのとき話題になった池上先生の作品が「スパイダーマン」であったことを、この対談で初めて知りました。

池上遼一先生は水木しげる先生のアシスタントをしていた経験があります。劇画漫画の池上遼一先生が『ガロ』に投稿した作品を見て、水木しげる先生が長井勝一編集長に頼んでアシスタントとして呼び寄せたとのこと。それで池上先生は上京したという話は有名です。ところが、アシスタントに行った先につげ義春先生がいて…という縁で、池上先生がつげファンだったせいか、水木しげる特集なのに、つげ義春絶賛なお話にながれていきます。そして、つげ義春先生は「漫画に文学を持ち込む」という流れをつくったという話になります。近藤先生はその系譜にいらっしゃるんだなと思います。「漫画に日本文学を」の流れですね。

その直後に「白土三平インタビュー」とか載ってたりして、他の記事も興味深く、全体としておもしろい特集になっています。
「アックス」109(青林工藝舎)
2016.03.06. 13:26 | 雑誌掲載情報