2021年04月13日

『コミックビーム』2021年5月号から「高丘親王航海記」の新章が開始

comicbeam202105.jpg2021年4月12日、「高丘親王航海記」IIIが刊行されました。同日発売になった『コミックビーム』2021年5月号から新章がスタート。表紙も飾っています。

「高丘親王航海記」の3巻は空海和上と高丘親王が夢で出逢うところから始まります。この目で空海が生きている人ではないことがわかるのが「画力」というものだと「あとがき」南伸坊さんが書かれていますが、私もそう思いました。鮮やかな色の装幀は珍しいですが、この中国〜アジアを巡る不思議な旅にはとてもにつかわしい。

『コミックビーム』に掲載されている新章はスマトラ島が舞台です。ラフレシアのまがまがしいピンクが近藤先生が描くと、妖しげではあるものの不思議と柔らからい色に見えます。ここから物語はクライマックスに向かっていきます。まだ先ですが楽しみですね。



2021.04.13. 10:24 | 雑誌掲載情報

2021年01月17日

「兄帰る」新装版が発売されました

兄帰る 新装版2021年1月17日、「兄帰る」の新装版が発売になりました。この作品は2005年〜2006年に連載されたもので、wowowで実写ドラマ化もされました。再読してみると、やはりしみじみいいですね…。新装版のあと書きで「平凡な人たちの地味な人生(……)つかみどころのない明るいグレーゾーン(……)やっぱり私に一番合っていると思います。」とご自身で書かれていて、何度もうなづいてしまいました。

最近指摘されることが多いのですが、私は漫画に「やさしい世界」を求めるようなのです。SFやファンタジーはどんなお話でも平気なのですが、現代物については特にその傾向が強い。でも、ふわふわしているのは好きではない。近藤先生の現代ものが私にはピッタリ合うようです。「漫画ではあまり求められない世界」とのことですが、きっと私以外にもたくさんの人が求めているのだと思います。

イースト・プレス社では初めての単行本となります。イースト・プレスのウェブマガジン、matogrossoで第1回が全部読めます。
2021.01.17. 18:58 | 単行本発売情報

2020年12月18日

「このマンガを読め!2021」は「高丘親王航海記」が第1位です。

freestyle46 表紙2020年12月17日発売の『フリースタイル』vol.46にて発表された「このマンガを読め!2021」に近藤ようこ先生の「高丘親王航海記」(澁澤龍彦原作)が輝きました。同じ年間ランキング「このマンガがすごい!」に比べると「このマンガを読め!」は通というか玄人好みの作品が多いのですが、それでも第一位はすごい。これは通をうならせる芸術性と、「おもしろさ」というかエンターテイメント性も高いという両面が際立っていたのかなと思いました。

長年、近藤先生の作品は「このマンガを読め!」では常連という感じでしたが、ようやくの1位獲得です!おめでとうございます!
2005年「水鏡奇譚」第10位
2014年「戦争と一人の女」第3位
2015年「五色の舟」第2位
2017年「死者の書」第7位
2020年「見晴らしガ丘にて それから」第4位
2020.12.18. 00:00 | 受賞

2020年09月05日

近藤ようこ先生の「高丘親王航海記原画展」レポート

高丘親王航海記原画展2020年9月5日から近藤ようこ先生の個展「高丘親王航海記原画展」が始まりましたので、青山ビリケンギャラリーまで行ってまいりました。「高丘親王航海記」の原画と、それ以外描き下ろしの原画が展示されています。初めて見る絵と単行本や雑誌の表紙を飾ったカラー原画がありました。墨の線がちょっと今までと違う感じがしますが、近藤先生らしい柔らかさが感じられました。

2020090501.jpg

2020090502.jpg

2020090503.jpg

2020090504.jpg

出品されている原画は以下の通りです。
●高丘親王航海記より
カラー原画『コミックビーム』2019年4月号表紙
カラー原画 4枚 序
モノクロ原画 10枚
・儒艮III(単行本1巻 p64〜65)
・儒艮V(単行本1巻 p112〜113)
・蘭房II(単行本1巻 p178〜179)
・密人I(単行本2巻 p134〜135)
・密人III(単行本2巻 p194〜195)

●カラー原画 13枚(※左から順に)
「ちごいま」(「室町時代の女装少年×姫」カバー) 320x220 水彩絵の具・墨
「楓」320x220 アクリル絵の具・水性インク
「蟇の血」(コミックビーム2017年9月号表紙) 270x225 水彩絵具 墨
「葡萄」370x255 アクリル絵の具 水性インク
「襤褸」320x220 水彩絵の具 墨
「唐草」320x220 アクリル絵の具 パステル 水彩インク
「薊」370x255 アクリル絵の具 水性インク
「くわずいも」320x220 アクリル絵の具 水性インク
「小さ男と姫君」(「猫の草子」カバー) 160x210 水彩絵の具・墨
「ラフレシア」365x320 アクリル絵の具 水性インク
「百合」小さな絵
「花」小さな絵
「芥子」小さな絵

※「高丘親王航海記」のカバー色校(井上則人)の展示。

2020090506.jpg

9月11日から一般販売が開始される「高丘親王航海記」1巻2巻のサイン本が買えます。それ以外の御著書にもサインされていらっしゃいました。これだけ近藤先生の本が揃うと壮観です。

2020090505.jpg「高丘親王航海記原画展」
2020年9月5日(土)〜21日(月)
12:00〜19:00 月火休み(21日休日営業)
ビリケンギャラリー

2020.09.05. 23:15 | イベントレポート

2020年08月12日

近藤ようこ先生の個展「高丘親王航海記原画展」が開催されます

高丘親王航海記原画展2020年9月5日から21日まで、表参道のビリケンギャラリーにて近藤ようこ先生の個展「高丘親王航海記原画展」が開催されます。

マンガ原稿に加えて描き下ろし作品も多数展示。9月12日に1、2巻同時刊行となる「高丘親王航海記」(澁澤龍彦:原作/KADOKAWA)の先行販売もするそうです。予約してたけど、キャンセルしました。ここで買いたい。

近藤ようこ個展「高丘親王航海記原画展」
2020年9月5日(土)〜9月21日(月)※21日休日営業
12:00〜19:00 月火休み
ビリケンギャラリー BlLLIKEN GALLERY
〒107-0062東京都港区南青山5-17-6-101
TEL.03-3400-2214 FAX.03-3400-2478
地下鉄表参道駅B1出口より7分
http://www.billiken-shokai.co.jp/

実は今、蛮勇を振るって澁憚龍彦著『高丘親王航海記』のコミカライズ進行中です。
驚かれるかたがいるでしょう。私も自分で驚いています。
その単行本化に事寄せて原画展をやります。
漫画原稿のほか、描きためた一枚絵も少し。
時節柄ご無理なさらず、でも見ていただけたら嬉しいです。

近藤ようこ

2020.08.12. 01:27 | イベント